ブローのときの注意

ブローのときの注意

 

髪が乾いたらブローもしますよね。

 

無造作風のヘアスタイルの方でも髪にツヤを与えるため、ブローは行った方が無造作でもきれいな雰囲気になります。

 

ヘアケアの面から考えると、ブローの際にも髪を保護するヘアケアアイテムが必要になってきます。おすすめなのは単純にスタイリング剤を使用する前に軽く水分をスプレーし、ヘアオイルか洗い流さないトリートメントを少量使ってから、スタイリング剤を使っておくことです。

 

このステップを行っておくと、髪の保護が二重に行われるので、ドライヤーの熱にも強くなりますし、髪の水分も程よく残ります。

 

ドライヤーでブローする際には髪の保護も考えましょう。

 

なおブローを行う段階で、最初は指で整えるフィンガーブローである程度スタイルを作ってから、ブラシを使うブローで行うと、うまく仕上がります。

 

またブローだけではなく、巻き髪をするためにコテやホットカーラーを使用する場合もブローのステップと変わりません。

 

 

スタイリング剤も自分のスタイルと相性がいいもの

 

 

なおブローで髪にツヤを出してから、スタイリングやアレンジをした後、軽くできたスタイルを崩すとナチュラルでこなれた雰囲気になります。

 

巻き髪も同じで、髪を巻いた後にある程度、指で崩すことで古臭い仕上がりになりません。

 

スタイリング剤も自分のスタイルと相性がいいものを根気よく探しましょう。髪質だけではなく、髪の長さや量、仕上がりをどうしたいかで探していけば、納得できるものが見つけられるはずです。

 

なおスタイリング剤を使ったら、その日は洗い流すためシャンプーをお忘れなく!

 

<PR>美容師の認めた魔法のドライヤー「ヘアビューザー」