コンディショナーとリンスの違い

コンディショナーとリンスの違い

 

 

ヘアケアではシャンプーだけが大事ではないですよね。

 

洗った後、髪を整えてくれるアイテムも重要になってきます。そこで悩む方も多いのはコンディショナーとリンスの違いです。

 

コンディショナーは基本的に髪に栄養を与えつつ、髪の表面も整えてくれる働きがあります。

 

それに対してリンスは髪の表面をコーティングし、サラサラに整える役割があります。

 

ですから髪のコンディションで使い分けすることもいい方法です。髪にボリュームもツヤも問題がなければリンスだけでも十分です。コンディショナーは少し髪が疲れているときなどがいいですね。

 

また石鹸シャンプーをお使いの方はクエン酸のリンスは欠かすことができません。これは石鹸のアルカリ性をクエン酸で中和させ、髪のコンディションを落ち着かせるためです。ですから使っているシャンプーの性質でもコンディショナーがいいか、リンスがいいかは変わります。

 

 

毛先にだけ使い、頭皮にはつけないこと

 

 

通常のシャンプーですと、最近だとリンスはあまり用意されず、ヘアケアを完璧に満足できるものにさせるためコンディショナーが圧倒的です。これは多くの方がカラーリングやパーマ、縮毛矯正をしているため、髪が痛みやすい傾向があるからでしょう。

 

なおコンディショナーとリンスの使い方で共通しているのは、毛先にだけ使い、頭皮にはつけないことです。またすすぐ際にも頭皮に残らないようにきれいにすすいで落とします。

 

コンディショナーにもリンスにもすすぎすぎはありません。イオンの性質できちんと効果は残ってくれるからです。

 

でも頭皮に残るとヘアケアの面ではいいことがありません。

 

どちらも丁寧にすすぎましょう。

 

 

<PR>美容師の認めた魔法のドライヤー「ヘアビューザー」