ヘアパックを上手に使うコツ

ヘアパックを上手に使うコツ

 

シャンプーはバスタイムの最初に行うと、ヘアケアが充実します。

 

特にヘアパックを使う場合は先にシャンプーをしてから、のんびりバスタイムを楽しむようにすると、効果がヘアサロンのように手応えがあるのです。

 

このヘアパックを効かせるコツは浸透させる時間を長くさせることと湿度の高い部屋で十分に髪に行き渡らせることになります。

 

そのため髪が邪魔にならないようにする意味と髪にヘアパックをさらに浸透させるために、使い捨てのシャワーキャップとホットタオルを用意しておきましょう。

 

ヘアケアを優先させるメリットはボディを洗う際に邪魔にならないこともありますし、バスタブに浸かるときも髪を気にせずに済みます。ですから先にシャンプーを済ませ、ヘアパックを髪に使ってから、シャワーキャップをかぶってまとめ、さらにホットタオルでまとめます。

 

このコツをつかんでおくと、ヘアパックを浸透させる時間を無駄にせずに済むのです。

 

 

湿度の高い場所で浸透させる

 

 

ヘアケアを先に行うことは慣れてしまうと、バスタブのお湯を汚しませんし、髪の毛でお湯を汚す心配もありません。つまりバスタイムをかなり気楽に過ごせるのです。

 

加えてヘアパックは顔のパックと違い、時間を長く置くことで効果は増大します。その意味もあって、ヘアパックを上手に使うコツとしてバスタイムの最初にシャンプーを済ませ、ヘアパックをするわけです。

 

上手に使うコツはちょっとした順番の変更です。上手に使うコツをつかんでしまうと、ヘアケアも効率よくバスタイムで行えるというわけです。

 

またヘアパックの性質として、湿度の高い場所で浸透させると、かなり髪をいい状態に整えるので、これからはバスタイムの最初にシャンプーとヘアパック、上がる際にヘアパックをすすぐという順番にしてみましょう。

 

 

<PR>美容師の認めた魔法のドライヤー「ヘアビューザー」