ヘアスタイルでシャンプーも変えるべき?

ヘアスタイルでシャンプーも変えるべき?

ロングヘアからショートヘアに、ウェーヴからストレートに、とヘアスタイルを現在は自由自在に変えることができる時代になりました。

 

もしかすると日本のヘアスタイリストは世界一の技術を持っているかもしれません。

 

しかしいくら優秀なヘアスタイリストが丁寧に新しくて、しかも良く似合うヘアスタイルを作り上げてくれたとしても、その後、キープすることができなければ意味がなくなってしまいます。

 

そこでヘアケアを丁寧に行う必要が出てくるのです。

 

基本はやはりシャンプーになります。最近のものは非常に優秀なものばかりですから、髪のコンディションを最上の状態に整えてくれます。

 

ところがここに盲点があるのです。

 

パーマがかかっている場合はふんわりとした質感を、ストレートヘアならツヤとボリュームダウンが必要になります。またウェーヴさせているならば、きれいに波打たせたいですよね。

 

スタイリング剤だけでは実はヘアスタイルが決まらないことも多いのです。

 

 

ツヤを追求したいのであれば油脂が多めのもの

 

 

しっとりとさせる成分であるツバキ油などの油脂が多いシャンプーはストレートヘア向きなのです。それに対してふんわりさせる効果の高いものは油脂が少なめになっています。

 

それでは髪がダメージを受けてしまうのでは?とお考えになるかもしれません。

 

そこでヘアトリートメントやコンディショナーで補うというわけです。

 

軽さを感じさせたいのであれば、油脂が少ないものを選び、ツヤを追求したいのであれば油脂が多めのものをおすすめします。

 

するとヘアスタイリストが作り上げた状態に近づけやすくなりますし、スタイリングも楽になります。

 

<PR>美容師の認めた魔法のドライヤー「ヘアビューザー」