シャンプーから髪の育成は始まる

シャンプーから髪の育成は始まる

 

清潔さを保つため、シャンプーを行う方がほとんどでしょう。でもシャンプーから髪の育成が始まっていると知ったら、今までの自分のシャンプーの方法を見直すのではないでしょうか。

 

ここで質問ですが、シャンプーで洗っているのは髪を洗うことに重点を置いていますか、それとも頭皮を洗うことに重点を置いていますか?

 

もしも髪とすれば、自分のシャンプー方法を見直すべきです。

 

正解は頭皮なのです。

 

頭皮を清潔にすることがシャンプーの基本です。髪はブラッシングで余計なホコリなどは落ちてしまいます。でも頭皮の汚れはシャンプーでないと落ちません。

 

ですから髪を必死に洗っても、いい髪が育ってくれないのです。

 

頭皮を洗うことは嫌なにおいも防ぐことが可能になりますし、育てたい髪もしっかり育つようになります。髪を健やかに育てたいなら、頭皮からケアしていくことが肝心だといえます。

 

 

シャンプーの際に洗うことが大事なのは頭皮

 

 

ヘアケアで重要されているのは頭皮です。つまりヘアケアといいつつ、実際に行うのは頭皮ケアと言ってもいいですね。ですからシャンプーの際に洗うことが大事なのは頭皮になります。

 

よくシャンプーの際に髪をもむように洗う方がいますが、これは髪を傷めるヘアケアのNGですからやめましょう。髪にシャンプーを使うのは泡をつけてスタイリング剤などを落とすだけで十分です。

 

むしろシャンプーで頭皮をもむように洗うことでヘアケアの目的である健やかな髪が育っていきます。いいシャンプー方法は髪だけではなく、頭皮にもいいシャンプー方法といいというわけです。

 

 

<PR>美容師の認めた魔法のドライヤー「ヘアビューザー」