髪のコンディションで重ね使いしてもOK?

髪のコンディションで重ね使いしてもOK?

 

多くの場合、シャンプー後にヘアパックを使っておけば、ほかのアイテムはいらないようにできています。ただし髪のコンディションが思わしくなかったり、ダメージが多い場合は重ね使いも試して損はありません。

 

ただし順番を守ることが大事です。

 

ヘアパックは髪に栄養分を浸透させるもので、リンスは髪表面のコーティングです。その中間がコンディショナーになります。

 

ですからシャンプー後はヘアパックを行い、そのうえでリンスという形になります。ヘアパックとコンディショナーを重ね使いしたい場合もコンディショナーは後です。

 

つまり髪のパックをした後に美容成分が逃げないようにコーティングする、と考えるといいですね。

 

順番を守れば、重ね使いもNGではありません。

 

 

注意すべきは髪のダメージを放置しないこと

 

 

とはいえ最近のヘアケア製品は優秀なので、あまり重ね使いする必要がないことも多くあります。髪が傷みやすい悩みがあると、ヘアケアで気を使いますが、基本的にはシャンプーの後、ヘアパックをしておけば問題がないことが多くあるのです。

 

もしも髪のダメージが気になる方はヘアケアの一環として、バスタイム後に使用する洗い流さないトリートメントやヘアオイルを毛先ダメージが気になるところに使うこともいい方法です。

 

ヘアケアの基本は髪のコンディションに合わせて変えることですし、扱いにくい髪質でも、今のヘアケア製品はうまくまとめられるようにできあがっているのです。

 

むしろ注意すべきは髪のダメージを放置しないこと、自分の髪質をあきらめてヘアケア製品で妥協することです。

 

 

<PR>美容師の認めた魔法のドライヤー「ヘアビューザー」