ロングヘアの限度はどのくらい?

ロングヘアの限度はどのくらい?

 

長い髪には、どこか女性らしい雰囲気が出てくるものです。昔のお姫様などは長い髪が豊か であればあるほど、女性としての価値を高めていたとも言います。

 

そのために現代であってもロングヘアはやはり憧れのヘアスタイルに挙げられています。加えて男性たちからも、つややかで豊かな長い髪は美しいものだとされているのです。

 

よく女性誌で紹介されている「愛されヘア」の多くは長い髪であることは珍しくありません 。ですから髪を現在、大切に伸ばしている方も多いのではないでしょうか。

 

ところが洋服になった現在では、あまりにも長い髪はバランスが悪く、おすすめできません 。モデル並みに背が高ければ、いくらかバランスも取れますが、多くの場合は頭でっかちなプロポーションに見えてしまうのです。

 

また手入れも大変ですし、毛先にトラブルが起こりやすくなります。

 

そしてあまりにも長いとスタイリングやアレンジもしにくくなってしまうのです。そうなるとなんだかさびしい印象を与えてしまうこともあるのです。

 

おまけに「美しいロングヘア」を目指していたのに、「不精な人」という印象も与えかねないのは事実なのです。

 

 

長さの限度を決めておく

 

 

でも長い時間かけて伸ばした髪を短く切ってしまうのは勇気が要りますよね。それだけ髪に思い入れが強くなっているのが、ロングヘアなのです。

 

ですからただ長く伸ばすことを目的にするのではなく、長さの限度を決めておくことをおすすめします。

 

同じように長い髪であっても、スタイリングやアレンジがしやすく、しかも美しい髪を維持できる長さは、個人差もあるのですが、平均的に見て肩甲骨くらいの長さまでになります。

 

このくらいの長さが最もバランスがとりやすく、スタイリングやアレンジもしやすくなるのです。

 

同じくロングヘアにするのであれば、自分の身長をよく考えて、ただ伸ばすのではなく、意志をもって伸ばしたいものです。

 

<PR>美容師の認めた魔法のドライヤー「ヘアビューザー」