ロングヘアのヘアケア

ロングヘアのヘアケア

 

美しいロングヘアは、それだけでも魅力を引き立ててくれるようですよね。

 

とはいっても、つややさやしなやかさがなければ、不潔な印象やヘアケアに手を抜いている ように思われてしまうのも現実です。

 

そこでどのようにヘアケアを行っていったらいいのかを紹介しましょう。

 

パーマがかかっていても、ストレートであっても、ロングヘアはきちんとブラッシングすることが大事なのです。ブラッシングで髪についた汚れやホコリを取り除き、髪の絡まりをほ どく必要があります。

 

しかし乱暴に根元から一気にブラッシングするのではなく、毛先を軽く梳かしてから行うようにします。これがヘアケアの基本になります。

 

 

髪を洗うというよりも地肌をマッサージしながら洗う

 

 

またシャンプーの際には、大量のシャンプーを使って一気に洗うのではなく、最初は少々多めで軽く地肌を洗うようにしてからすすぎ、二度目はその半分の量で丁寧に洗うことをおすすめします。

 

髪を洗うというよりも地肌をマッサージしながら洗うように心がけましょう。

 

髪の汚れ自体は最初に髪を濡らすためのすすぎでかなり落ちますし、シャンプーの泡がつくだけで落ちるのです。

 

ロングヘアのモデルになると美しい髪を維持するために、汚れを取るためのシャンプー、髪に栄養を与えるトリートメント、さらさらにするリンスも行います。

 

そして、そのままでは 髪が傷みやすいので、よくタオルドライしたら、洗い流さないトリートメントを毛先だけにつけてから、丁寧にドライヤーで乾かしているそうです。

 

「ここまでしヘアケアをしなければならないの?!」

 

とお考えになる方もいらっしゃるかもしれませんが、それだけロングヘアは手間のかかるヘアスタイルなのです。

 

<PR>美容師の認めた魔法のドライヤー「ヘアビューザー」