ウワサの「石けんシャンプー法」

ウワサの「石けんシャンプー法」

最近、ひそかにブームになっているのが「石けんシャンプー」です。

 

石けんで髪の毛を洗ったりしたら、ギシギシしたり、ゴワゴワになってしまうんじゃないの?

 

と思われる方もいらっしゃることでしょう。

 

ところがコツさえつかんでしまえば、非常に健やかな髪になるのです。

 

用意するものは石けんを主成分としたシャンプー固形石けん、そしてシャンプーブラシ弱酸性のリンスです。

 


※弱酸性のリンス

 

「石けんシャンプー法」のやり方(洗い方)

 

 

洗い方は乾いた髪をよくブラッシングして、もつれなどを取り除きます。そうしたらシャンプーブラシで梳かしながら、髪に十分に水分を含ませながら、洗っていきます。

 

濡れた髪をブラッシングするのは傷めるんじゃない?

 

といわれるかもしれませんが、お湯の方向に沿って、地肌から毛先に向かって、キューティクルに逆らわないようにすれば大丈夫です。

 

そして石けんシャンプーをつけますが、普通のシャンプーから切り替える場合、なかなか泡立ちません。

 

ですが、そこで一回つけて、泡だてては洗い流し、またつける、というように 何度かに分けて、つけて泡立てるようにすればきれいに泡立ちます。地肌を洗うように泡だてていくのがポイントです。

 

また固形石けんの場合は水分が少ないので、お湯を足しながら、泡だてていきましょう。

 

髪全体が泡立ってきたら、よくお湯で洗い流します。

 

それから髪に弱酸性のリンスをお湯に溶いて髪を浸します。

 

もしも弱酸性のリンスがない場合はクエン酸をお湯に薄めてリンスに使います。すると石けんシャンプーのアルカリ性が、 リンスの弱酸性で中和され、髪がサラサラになります

 

もしも髪がパサつくようであったら、ヘアオイルを毛先だけにつけます。

 

髪にも環境にも優しい石けんシャンプーですが、チャレンジしてみませんか?

 

<PR>美容師の認めた魔法のドライヤー「ヘアビューザー」