間違ったシャンプー法で髪を傷めていませんか?

間違ったシャンプー法で髪を傷めていませんか?

多くの方は毎日シャンプーをして、清潔さを維持していらっしゃることでしょう。

 

ところが方法によっては髪を傷めてしまう危険性があります。

 

ついついやってしまいがちなのは、泡立てずにそのまま洗い始めてしまうことではないでしょうか。

 

実はこの洗い方は髪だけでなく、頭皮にもダメージを与えてしまいます。

 

加えて最初にお湯で濡らすときに、充分に洗わずに、すぐに洗い始めている方もいらっしゃるかもしれません。

 

これでは良い製品を使っていても、過剰に使いすぎて、頭皮を傷めますし、髪同士が摩擦を起こしてしまいます。

 

 

正しいシャンプー法とは?

 

そこで正しいシャンプー法はどうすればいいのかといいますと、乾いた状態のときによくブラッシングをして、もつれや汚れを軽く取り除いておきます。

 

そして、それからお湯をかけるのですが、このときによく濡らす程度ではなく、お湯で大方の汚れを洗い流すようにしておきます。

 

実際にお湯をかけて洗っているだけでも、汚れは70%ほど落とせますし、泡立ちもよくなります。

 

次にシャンプーをつけて洗い始めますが、最初は手のひらでよく泡立てて、頭皮と髪になじませていきます。いわば泡のかたまりで汚れを吸収させるように洗うのです。

 

泡が充分になじんだら、指をジグザグに動かしていきます。少なくても20秒はかけておきたいですね。

 

次は頭皮のマッサージです。毛穴の汚れも取れるように、軽くつまむようにしたり、指の腹でさするようにさらに洗います。

 

最後はすすぎです。やはり指の腹で頭皮をさするようにして、汚れなどが残らないようによくゆすぎます。

 

シャワーをお使いの方であれば、シャワーヘッドを頭に近づけて、シャワーの水圧ですすぐこともおすすめです。

 

<PR>美容師の認めた魔法のドライヤー「ヘアビューザー」