スタイリング剤の使い方に注意

スタイリング剤の使い方に注意

 

理想的なヘアスタイルを作ったり、キープするために欠かせないものがスタイリング剤です。

 

スプレーやムース、クリーム、ジェルやワックスなど、たくさん種類がありますよね。

 

これらを上手に使えば、ほぼ一日中、ヘアスタイルはキープできます

 

そのためには実は複数のスタイリング剤を部分ごとに使い分けることも重要です。

 

すでに「モテ髪」として定番になっている巻き髪も達人になってくると、ムースでまずベースを作り、髪を巻いたら、スプレーを使うだけではなく、自然な流れを作るためにワックスも使っているのです。

 

そうなってくるとどのタイミングでスタイリング剤を使えばいいのか悩んでしまうかもしれません。

 

 

強い水流で洗い落とす

 

 

基本的にはムースでブローを行ってから、ヘアアイロンやホットカーラーで髪を巻いていきます。それができたらワックスで軽く毛先を遊ばせてから、キープするためにスプレーを使うわけです。

 

つまり顔にメイクをするように、いろいろと使う必要が出てくるのです。

 

そうなってきますとやはり丁寧なシャンプーできちんと毎日、落してあげなければ髪が傷んでしまいますし、頭皮の健康のためにも良くありません。

 

特にワックスは自由自在にヘアスタイルを作れることから、人気がありますが、アルカリ性なので、髪のphバランスを崩してしまい、傷めてしまいます

 

そのために毎日のシャンプーで落してあげなければならないのです。

 

またシャンプー前にはブラッシングがしたいところですが、髪がくっついている状態なので、強引にブラッシングすると切れてしまったり、弱ってしまいます。そこでできれば強い水流で洗い落とすようにすることをおすすめします。

 

<PR>美容師の認めた魔法のドライヤー「ヘアビューザー」