すすぐ際には多すぎでもOK

すすぐ際には多すぎでもOK

 

髪が多い方でも、髪のボリュームがない方でも、ヘアケアで忘れてはいけないのはシャンプーのすすぎです。シャンプーは洗い流すためのものなので、流しすぎでも問題はありません。むしろ「ちょっと回数が多いかな?」と思うほど、流しすぎてもいいほどです。

 

シャンプーのすすぎ残しはヘアケアの大敵ですし、頭皮や髪のトラブルになるリスクもあります。そのためきちんと洗い流すこととすすぎは重要になっているわけです。

 

洗う際にシャンプーを適量使いますが、しっかりとすすぎを考えて洗いましょう。

 

二度洗いが必要な場合も二回ともきちんとすすぐことが、ヘアケアでは重要なことになるのです。

 

「髪の量が少ないから、すすぎは簡単でいい」とは言えません。すすぎで頑張っておけば、そのあとに使うヘアパックやコンディショナーのノリが違ってきますし、ふんわりしたボリュームもすすぎが完璧であってこそなのです。

 

ですから流しすぎなくらいでも、すすぎはOKです。

 

 

丁寧にすすぎ落してあげましょう

 

 

頭皮も髪もシャンプーが残っていると、ダメージを受けるようになります。

 

スキンケアでも洗顔はしっかり行いますよね。それとヘアケアも同じなのです。それに頭皮と肌もつながっているわけですから、すすぎ残しはNGだと判断すべきでしょう。

 

シャンプーで丁寧に洗っている分、すすぎも丁寧に行うと、髪のコンディションも回復していきます。つまり健やかな髪が育つ環境になっていくわけです。

 

すすぎが面倒といわず、丁寧にすすぎ落してあげましょう。これは今生えている髪と今の頭皮だけではなく、気になるこれからの髪と頭皮のためでもあるのです。

 

 

<PR>美容師の認めた魔法のドライヤー「ヘアビューザー」