タオルドライは念入りに

タオルドライは念入りに

 

ヘアケアで真っ先に考えるのはシャンプーと髪や頭皮の相性ですが、意外と手抜きしがちなのはタオルドライです。

 

もしもスキンヘッドであれば単純にタオルで拭くだけでいいのですが(それでも頭皮をきれいに整えるお手入れは必要です)、多くの方は髪をある程度の長さに保っていいますよね。この髪に含まれている水分をタオルに吸収させることは髪や頭皮の健康を考えると重要になってきます。

 

ヘアケアについて考える際に、好ましいのはタオルドライの段階で頭皮や髪の水分を拭き取っておくことです。

 

タオルドライで髪の長さや量に関係なく、重要になるのは頭皮のほうはある程度はマッサージするように行っても大丈夫です。ただし毛先は傷みやすいので、タオルで包んで叩くふき方がおすすめです。

 

 

髪をタオルに包んで軽くたたくようにする

 

 

拭き方のポイントになるのは、頭皮はマッサージするように水分を拭き、毛先は優しく傷めないように水分をタオルに吸収させるように行うことになります。髪をタオルに包んで軽くたたくようにすると簡単です。ヘアサロンでのタオルドライをお手本に実行してみましょう。

 

充分にタオルドライができていると、ヘアオイルや洗い流さないトリートメントが髪にうまくつけられますし、水分で流れ落ちることがありません。

 

さらに乾かす際にも、ドライヤーを必要以上に使わずに済みます。

 

シャンプーでのヘアケアの最後のステップをスムーズに行うために、タオルドライを念入りに行いましょう。ロングヘアで量も多い方はなおさらです。ショートカットの方もタオルドライである程度まで水分を取っておけば、髪の扱いも楽になりますよ。

 

 

<PR>美容師の認めた魔法のドライヤー「ヘアビューザー」