やってはいけないシャンプー方法

やってはいけないシャンプー方法

 

 

シャンプーの際にフケが気になるという方に多いのは、頭皮に爪を立てて洗ったり、こするように洗うことです。

 

これは本当に避けるべきことです。理由は頭皮も肌と同じようにデリケートだからということになります。

 

正しいシャンプー方法は指の腹でマッサージするようにもみ落とす方法です。つまりやってはいけないことは肌と同じで、ヘアケアもスキンケアと同じということだといってもいいですね。

 

スキンケアでもこすったり、爪を立てるのはNGでしょう?ヘアケアも同じで、優しくマッサージしつつシャンプーすることが基本になります。

 

やってはいけないことは他にもあります。それがシャンプー中のブラッシングです。シャンプーの際には髪が脆くなっているので、髪が傷んでしまいます。良かれと思って行ったことが逆効果というわけです。

 

シャンプーをしているときは指で洗うことが基本です。

 

 

シャンプーをしているときは指で洗うことが基本

 

 

確かに頭皮用ブラシもありますが、あれで髪をすいてはNGですから、絶対にやってはいけないことなのです。

 

頭皮ブラシも力加減に注意しなければなりません。

 

また頭皮ブラシのクッションがあるので、力を入れなくても頭皮や毛穴の汚れは落とせます。ですから優しく使うようにしましょう。マッサージ効果のある頭皮ブラシはヘアケアの一環として用意しておくと便利ですが、使い方を間違えないようにしましょう。

 

正しくシャンプーを行っていて、それでもフケが出る場合、老け対策になるシャンプーに切り替えることもおすすめですが、フケが大きい場合は脂漏性湿疹の可能性もあります。

 

この可能性がある場合は皮膚科医に相談しましょう。

 

 

<PR>美容師の認めた魔法のドライヤー「ヘアビューザー」